鍼灸

接骨治療について

骨折、脱臼、捻挫、挫傷、打撲などの治療、応急処置、スポーツ外傷の治療・ケアを行います。骨折や脱臼後に起こりえる筋肉や関節の痛みにリハビリ的アプローチで治療します。

基本的には保険診療ですが、場合によっては自由診療となることもあります。

【適応症】骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷、スポーツ外傷

■各種健康保険取り扱い
■各種助成取り扱い
■自賠責保険(交通事故)
■労災保険(業務・通勤)

外傷治療

骨折、脱臼、捻挫や肉離れなどにおいて、独自の整復法や固定法を用い、多数の症例に基づき治療をしていきます。

例)肩関節脱臼、ボクサー骨折、中足骨骨折

必要に応じて提携の病院にレントゲン撮影を依頼します。

手技療法

人間が本来持つ自然治癒力を高め、薬や注射を使わずに痛みの緩和に努めます。人それぞれの症状、状態に合わせた治療を選択します。

例)柔整手技療法、ストレッチ、マニュピレーション、コアトレーニング

テーピング療法

現在、幅広い年齢層の方々がスポーツをされています。そのサポートとして欠かすことのできないものの一つがテーピング療法です。関節の固定、筋肉の保護だけでなく、ケガの予防としても有効であり、またスポーツに限らず外反母趾などの治療にも効果的です。

電療法

低周波、ローラーベット、ウォーターベットのほか、最新鋭の治療機器である立体動態波の導入で、より高い治療効果が見込めます。今後、超音波診断装置の導入を予定しています。

※院により電療機器に違いがあります。

柔道整復師による施術の療養費(健康保険)について

対象となるもの

(急性・亜急性の)骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷、筋損傷(肉離れ)、スポーツ外傷、骨・筋・関節のケガにおいて原因がはっきりしているもの。

■ 療養費は、本来患者様が費用の全額を支払った後、自ら保険者へ請求を行い支給を受ける「償還払い」が原則です。しかし、患者様の自己負担分を柔道整復師に支払い、柔道整復師が患者様に代わって残りの費用を保険者に請求する「受領委任」という方法が認められています。このため、多くの整骨院や接骨院の窓口では、病院や診療所にかかった時と同じように自己負担分のみ支払うことにより施術を受けることができます。

■ 柔道整復師が患者様に代わって保険請求を行うため、施術を受けるときには必要書類に患者様のサインをいただくことが必要となります。

■ 保険医療機関(病院、診療所など)で同じ負傷の治療中である場合は、施術を受けても保険の対象になりません。

当院では法令遵守に努めております。ご不明な点がございましたらお気軽にスタッフまでご相談ください。

治療院の施設紹介はこちら