お問合せは
お気軽にどうぞ

在宅訪問事務所

圧迫骨折

在宅訪問事務所

圧迫骨折とは骨がもろくなってしまう事が原因で重力に押しつぶされて背骨が変形してしまう骨折のことです。

骨粗鬆症が原因で起こることが多く、特に高齢者に見られます。

つぶれるように骨折することがよくあります。

 

あなたの周りにいませんか?

日常生活で起こります。

椅子や床に“ドスン”と座ったり、尻餅をついた。

激しいクシャミや過度な咳き込み、重たいモノを「よいしょ!」と力んで運ぶ機会が多い方など…

 

24個の骨で形成されている背骨

特に肋骨で繋がっている胸骨は支えがあるので気づきにくいこともあります。

これを放っておくと姿勢不良の原因になり背骨の変形や腰痛悪化になります。

一度の圧迫骨折が他の背骨に連鎖することがあるので上記の方が周りにいたら注意してください。

特に!

閉経した女性は骨密度が急速に弱くなるので日常生活を見直してください。

骨密度検査を大切にしたいところです。

チェックリスト

□腰や背中に普段と違う痛みがあり、3日以上続いている

□体を動かすと痛いが、じっとしているとそれほど痛みは感じない

□以前より背中が丸くなり、猫背になった

□1番身長が高かった時に比べて2㎝以上低くなった

□胸やけ、胃もたれ、食欲不振、息切れ、便秘などがある(骨折により内臓が圧迫されるため)

□痛い部分をたたくと痛みが増す

□骨粗しょう症と診断を受けた

※圧迫骨折と似た症状で解離性動脈瘤、多発性骨髄腫なども別の病気が原因の時もあります。

必ず専門医にご相談ください。

 

鍼灸・マッサージ治療の必要性

痛みが強い当初は安静にします。

コルセットやさらしなどで固定してあげるのも大切です。

但し、長期間の安静は認知症の発症や筋力低下により普段の生活が送れなくなることもあるので注意してください。

訪問鍼灸マッサージは安静にしながらも取れる姿勢で血流改善を図り、皮膚や筋肉が強張ることを予防、改善をします。

また筋力低下を予防する目的の運動療法も実地します。

あなたの、あなたのご家族の体の状態にできることがあるかもしれません。

段階的にできる運動で日常生活のお手伝いします。

 

おまけ

骨を強くする栄養はカルシウム・リン・タンパク質です。

手軽なモノは牛乳、ヨーグルト、チーズ、バニラアイスなどです。

当然ながら日々の運動習慣が大切です。始めるのに遅いはありません。痛くなる前に!

 

健康保険での訪問鍼灸・マッサージを利用するには医師の同意書が必要になります。

体験施術や料金のお話でもお気軽にご相談下さい。

在宅訪問マッサージ事務所

〒400-0854
山梨県甲府市中小河原町507-12

『予約をお願いします』とお電話ください。

☎︎055-241-1522

 

ALL