お問合せは
お気軽にどうぞ

さんぐん橋鍼灸接骨院

体温のお話

さんぐん橋鍼灸接骨院

こんにちは!

市川三郷町にある

さんぐん橋鍼灸接骨院です。

皆さんの周りで平熱が低い方っていらっしゃいませんか?

今回はそんな低体温が招く危険についての記事になります。

まずは、平熱のお話しになりますが

日本人の平熱は、平均36.5~37.1℃とされており、

1日のうちの体温変化は、ほぼ1℃以内におさまります。

ちなみに低体温とは平熱が35℃台や、それ以下の状態のことをいいます。

人間の身体には体温が上がれば汗をかくことで熱を発散させて体温を下げ、

寒くて体温が下がれば体の筋肉を震わせて体温を上げる機能が備わっています。

しかし、最近では35℃台である「低体温」の人が増加しています。

それはなぜなのか???

主な原因として挙げられるのは

・冷たいものの摂りすぎ

・無理なダイエット

・ジャンクフードなどで偏った食生活によるビタミン、ミネラルの不足

また食生活だけでなく、冷暖房の完備、

ストレスによる自律神経の乱れ、運動不足などの生活習慣でも低体温を招きます。

また女性にとっては女性機能の不全につながり、

婦人科系の疾患リスクの向上や妊娠しにくい体へのリスクが高まります。

他にも低体温により新陳代謝が低下するため脂肪を燃焼しにくくなります。

つまり低体温は太りやすい状態になるのです。

さらにもっと衝撃の事実が!!

なんと!がん細胞は、35℃台の低体温で最も活発になるということが

明らかになっているんですΣ(゜Д゜)

がん細胞は、酸素を必要としない方法でエネルギーを獲得するため、

酸素の少ない場所や温度の低い環境で活発に増殖します。

心臓にがんがないのは、心臓は体の中でも温度が高いからだと言われています。

これに対して、胃、大腸、子宮、乳房など冷えやすい場所にはがん細胞が増殖し易いのです。

ですが、体温を1℃上げると免疫力は5~6倍もアップすることが分かってきており、

がんを含む病気になりにくい状態を保つことができます。

そんな低体温ですが当院でも改善効果が期待できる施術があるんです!

血行促進効果のある鍼灸施術

自律神経を整える良導絡

他にも足ツボやリフレクソロジー…etc

患者さん1人1人に合った施術を提案させて頂きます。

※良導絡は完全予約制になりますので事前にご連絡下さい。

ご予約は 055-272-1518 まで

最後にご自宅でもできる予防や対策をお教えします。

・入浴・

シャワーだけでなく、1日1回・10分程度は、湯船につかりましょう。

毎日続けることが大事です。

・運動・

スクワットやつま先立ち運動などでふくらはぎや太ももの筋肉を鍛えることで

足に行った血液を心臓に戻す効果が高まります。

回数はご自身の体力の範囲内で無理しないよう行ってください。

毎日30分、早足で歩くことも効果的です。

・保温・

体を冷やさないように寝るときは腹巻きやタイツ、寒い時は、カイロや湯たんぽを使いましょう。

・飲み物・

冷たい飲み物ではなく、白湯(水を沸騰させたもの)を寝る前に飲むことで体が温まります。

・食べ物・

バランスのとれた食事が大切。

亜鉛(肉類、魚類、魚介類、穀物など)鉄、ミネラル、ビタミンB1・B2などの摂取を心掛けましょう。

ストレス緩和の食べ物としては、かぼちゃ、ジャガイモ、トマト、玄米、などが良いとされています。

・喫煙・

煙草は血管を収縮させて低体温を助長してしまうので、できる限り控えましょう。

以上のことに気を付け健康な身体で楽しい毎日を送りましょう!

ALL