お問合せは
お気軽にどうぞ

在宅訪問事務所

肥満のメカニズム

在宅訪問事務所

 

~肥満のメカニズム~

 

身体にとって過剰な栄養は、

脂肪細胞(細胞質に脂肪滴をもつ細胞)に流れていきます。

栄養を受け取った脂肪細胞は大型化します。

これが太ると言うことです。

栄養を細胞に送り込む際に必要なのがインスリンです。

 

インスリンは膵臓で作られるホルモンで、

血糖値を下げる働きをするのはみなさんご存知でしょう。

下げると言っても血糖はなくなるのではなく、

インスリンによって細胞へ送られることで値が下がります。

 

食事をすると血糖値が上がりますが、

本来インスリンは血糖値が上がり始めるとすぐに分泌されます。

これを初期分泌といいます。

 

血糖値が早く上がりすぎると初期分泌が追いつかず、

後になってより多くのインスリンが分泌され、血糖値を抑えにかかります。

これは遅延過分泌と呼ばれます。

この過剰なインスリンが

血液中の糖をどんどん細胞に送り込み、

肥満につながります。

 

 

血糖値の急激な上昇、それに伴うインスリンの過分泌を防ぐためには、

血糖値の上がりにくい食材から、ゆっくりと食べることが大事です。

まず野菜、次に肉や魚の主菜、最後に主食という順番が

もっとも血糖値に影響の少ない食べ方です。

 

ちなみに、大型化した脂肪細胞はインスリンの働きを妨げる物質を分泌します。

この効きにくくなっている状態をインスリン抵抗性と言います。

次回はこれについて説明します!

 

甲府市中小河原町507-12

有限会社中部メディカル

在宅部門

☎055-241-1523

ALL