お問合せは
お気軽にどうぞ

在宅訪問事務所

廃用症候群と訪問マッサージ

在宅訪問事務所

廃用症候群とは

長期的に体をあまり動かさない状態が続くことで、様々な体の機能の低下がおこり、その結果として現れる症状のことを指します。

高齢者の増加とともに廃用症候群も多くなっています。

  • 長く入院していた
  • 退院後も安静にしていた
  • 日中ほとんど家の中で過ごしている
  • 寝たきりの状態
  • いつもベッドか車椅子上で生活している

このような環境にある方は「廃用症候群」である可能性が高くなります。

 

身体的な症状の例

  • 筋肉が痩せて筋力が落ちる
  • 関節の動きが悪くなる
  • 骨が弱くなる
  • 心臓や肺の機能が落ちる
  • 痰や飲食物が肺に入り、誤嚥しやすくなる
  • 胃腸の動きが落ち、便秘になりやすくなる
  • 褥瘡(床ずれ)ができることがある    など

 

精神的な症状の例

  • 精神的に落ち込みやすくなる
  • 脳の動きが鈍くなり、思考力が落ち、認知症が進行する
  • 睡眠のリズムが崩れ、不眠症になる   など

私たちの訪問鍼灸マッサージでは、廃用症候群の様々な症状に対して患者様一人一人の状態に合わせた施術を行っています。

 

鍼灸マッサージ施術の例

  • 筋肉が痩せて筋力が落ちる→状態に合わせた無理のない運動
  • 関節の動きが悪くなる→①硬くなった筋肉を鍼灸マッサージでほぐす
  •            ②無理のない範囲で関節を動かす運動
  •            ③動かせる関節の範囲を保つための筋肉をつける運動
  • 内臓の機能が落ちる→体力・内臓周りの筋力をつける運動
  • 褥瘡(床ずれ)→鍼灸マッサージで血行を良くする
  • 精神的な症状・認知症の進行→鍼灸マッサージを受けながらの会話でのストレス軽減

 

鍼灸マッサージで全身の筋肉や関節の状態を改善、血行を良くし、症状を緩和することはじゅうぶん期待できます。

また必要に応じて、落ちた体力や弱くなった手足を強くするための運動や訓練も実施可能です。

 

高齢の患者様の中には、寝たきりで外部とのコミュニケーションが取れず閉じこもってしまう方もいらっしゃいます。

そのような患者様に施術を通じて直接体に触れたりお話をしたりすることで、精神面でのサポートも行っています。

 

『廃用症候群の防止・寝たきり予防』について関心のある患者様やご家族様がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。

健康保険での訪問鍼灸マッサージを利用するには医師の同意書が必要になります。

体験施術や料金についてなどお気軽にご相談ください。

在宅訪問マッサージ事務所

〒400-0854
山梨県甲府市中小河原町507-12

『予約をお願いします』とお電話ください。

☎︎055-241-1522

 

ALL