お問合せは
お気軽にどうぞ

らくだ接骨院

情報(イメージの仕方)でからだの動きが変わる その5

らくだ接骨院

前回の内容まとめると

  1. 姿勢とは、本人の意識によってつくられてしまうということがある。
  2. 一般的に良い姿勢を保つためには意識から無意識に変化させることが必要である。

このどちらも、感覚が大切になってきます。

感覚を変化させるには、「インプット」(からだに何らかの情報を入れてあげる事)を変化させることで「アウトプット」(からだからの応答)を変化させていくということです。

特に必要な感覚とは、自分が動いているという動作の中での感覚となります。

例えば、寝返りをするときの動作を考えてみてください。

どのように、からだを使って寝返ったでしょうか?

そして、どの部分を最初に動かそうとしたでしょうか?

右、左どちらの方向からの寝返りがしやすかったでしょうか?

もし、腰が痛かった場合にどのように、痛みを抑えて寝返りしたでしょうか?

これらすべてが、無意識や過去の経験から学習した結果、おこなっている動作ですが、ひとつずつ動作を再確認し意識しながらおこなってみるとこが大切です。

この再確認し意識することが「インプット」することにつながり、そして、からだが「アウトプット」した結果が現状の動作となってからだに現れていきます。

健康のためにウォーキングをすることは素晴らしいことですが、自分のからだが、どのように動いてどのような感覚でからだを使っているかを知ることも必要だと感じています。

らくだ接骨院では構造的な問題と神経機能障害の両方からアプローチしていきます。

その方の本来持っているからだの状態(癖)を把握し、日常生活で支障のないレベルまで引き上げる治療をおこなっています。

らくだ接骨院

〒409-3821
山梨県中央市下河東3053-1
イオンタウン山梨中央内

『予約をお願いします』とお電話ください。

☎︎055-274-1511

ALL