お問合せは
お気軽にどうぞ

一心堂鍼灸接骨院

ブルーライトの影響について

一心堂鍼灸接骨院

 

こんにちは!

甲斐市の一心堂鍼灸接骨院です!

 

新型コロナウイルス対策で、

自宅にいることも多いかと思います。

そうなるとついついスマートフォンやパソコンを

見てしまいがちですよね📱💻

 

そこで問題なのが

『ブルーライト💡』です!

聞いたことはあるかと思いますが

今回はブルーライトについてお話していきます!

 

パソコンやスマートフォンなどの

LEDディスプレイで多く使われるブルーライトは、

波長が380~500ナノメートルの光で、

人間が見ることのできる光線のなかでは、

他の光よりも強いエネルギーを持っています。

 

その強さは紫外線に近く

角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで届く

ことから、

人体に色々な影響があるとされています。

 

*目や肩の疲れ

ブルーライトは光の波が小さく細かい(波長が短い)ため、

空中のチリやほこりによって散乱しやすい性質を持っています。

これがパソコンなどの画面のぶれ、まぶしさ、チラつきとしてあらわれ、

私たちの目はピント合わせに苦労します。

すると、目の筋肉や視覚を認識する脳が疲れて、

眼痛・かすみ・まぶしさ・充血などの目の症状や、

頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状につながります。

 

*睡眠への影響

私たちの目がブルーライトを認識すると、

脳内ではメラトニン(眠りを誘導するホルモン)の産生量が減少します。

地球上の生物は、地球の自転に合わせて、24時間の周期で

生活するためのリズムを体内に持っています。

(サーカディアンリズム)

メラトニンは、サーカディアンリズムに従って夜に分泌されます。

しかし、夜遅くまで(22時以降)

パソコンやスマートフォンなどのブルーライトを浴びていると、

サーカディアンリズムは乱れ、メラトニンの分泌は低下します。

寝つきが悪い、眠りが浅い、寝ても疲れがとれない、

など「睡眠の質」が著しく低下します。

 

等々他にも多々ありますが、

使いすぎるとこういった症状が出てきてしまう

可能性があります。

日常生活において、一切使わないことは不可能だと思いますので、

 

🌟寝る前のPCやスマートフォンの使用を控える

 

🌟就寝する2~3時間前から、

パソコンやスマホを見ないよう心掛ける

 

🌟ディスプレイの明るさを下げる

 

🌟パソコンのディスプレイ画面の明るさを下げるようにする

 

🌟パソコンは、ディスプレイ調節の設定で

「青色光」の輝度を下げる

 

などの対策を行い、体調を崩さないようにお気を付けください!

 

 

ALL